Pocket
LINEで送る

初夏の陽気に誘われて、うっかり油断の薄着生活。案の定ではあるけれど、太陽が沈めば寒の戻り。気づけば周りは薄手のコート、寒い、半袖じゃ寒い、寒すぎて震える。

そんな季節ですが、震えるのは西野カナだけにしておきたいですよね。そこでオススメしたいのが酸辣湯麺です。サンラータンメンとかスーラータンメンて読みます。

漢字にした方がイメージしやすいと思いますが、酸辣湯麺は酸味と辛みが刺激的なラーメンです。唐辛子を多用する四川料理や湖南料理と言われています。中華料理だと麺の入らないスープ、酸辣湯(サンラータン、スーラータン)として出てくることも多いかと思います。ちなみに「辣」は、ラー油の「ラー」です。辛そうでしょ。

この日は、銀座の首都高下にあるショッピングセンター NISHIGINZAにある上海湯包小館へ。短パン、半袖、ビーサンじゃいくらなんでも寒すぎて、人気メニューの酸辣湯麺を頼んで暖を取ることにしました。

くせになる酸味と辛み、ズールズル♪とすすれば、お腹の中からあったまります。お店は点心を中心に中華料理がまんべんなくあるようです。

さて、ここ以外の酸辣湯系だと、以下のお店もおいしかったですよ。基本的にランチ利用です。

 

Pocket
LINEで送る