Pocket
LINEで送る

AOL炊飯部をやっていると、おいしいものばかり作っていると思われがちです。そんなこともないですよ、たまに失敗だってするんです。


写真は失敗した餃子です。

焼くときのちょっとしたコツをサボって放り込むと、皮と中身が分離して残念な結果になることも。

失敗したからといって、そんなに残念がる必要はありません。

「どうして失敗したのかな」

「アレがいけなかったんじゃないかな」

といった具合にそれ自体を話のタネにして楽しめばいいんです。別にプロじゃないんだし、失敗は話が広がるチャンス!

この日はこれはこれで酒のツマミになる、ということで話がまとまりましたw 会話に花が咲けば大抵おいしいもんです。

失敗しておいておかしいっすが、最後に餃子のおいしい焼き方を書いておきますね。

  • フライパンはよく熱する
  • 水を入れすぎない、もしくは途中で捨てる
  • 焼いてほっといたまま酒を飲み続けない
  • ぐでんぐでんになるまで呑まない

今日もご馳走様でした!

Pocket
LINEで送る