Pocket
LINEで送る

先日、ポートランドに行く機会がありました。人気ラーメン店、阿夫利海外初店舗がポートランドに出来たという事で、せっかくならと覗いて来ました!

ところで、なぜポートランドなのでしょうか?それは阿夫利の海外店舗担当者がアメリカ全土を調べ周り、ポートランドの水が阿夫利山の水に一番似ているからだとか。

阿夫利と言えば、神奈川県の大山(阿夫利山)麓の湧き水でスープを仕込んでいることで知られています。そんなこともあって、ポートランドに出店を決めたそう。地元のニュースで行く前からこの事を読んでいたので、とても楽しみにしていました。

ポートランドの阿夫利はダウンタウンにも比較的近く、行きやすい場所にありました。コンクリートのおしゃれな大きな建物、阿夫利はフロア全部が店舗というとても大きなお店でした。え?これがラーメン店?とびっくりするぐらいの広さです。

ポートランドの阿夫利は予約が出来ません。早めに行って並び、名前を記入して順番を待たないといけないのです。一度目は到着時間が遅すぎて待ち時間が2時間ほどで断念、撃沈。別の日に再度リベンジすることに。

1時間待ってついに入ることに成功!目を疑ってしまいました。広い!おしゃれ!素敵!しかもお客さんみんな外国人(って当たり前ですね)。

高級レストランのように給仕長もおり、座席に案内してくれました。海外のラーメン屋さんはウェイティングバーがあったりと、日本とはずいぶん違う雰囲気のお店も多いんですよね。

座席もちゃんとテーブルセッテングがされており、布ナプキンも。

メニューもラーメンだけではなく、本当にバラエティに富んでいました。阿夫利がアメリカに進出するにあたり、海外の方は、ラーメンだけを食べるというよりは日本食を食べに行くという感覚で出かけるそうなので、全て揃っていた方が良いと思ったゆえの戦略だとか。

※現在のメニューは若干変更しておりますので、最新のメニューはホームページをご覧ください。

ドリンクもとても豊富で、いろいろな名前のオリジナルカクテルもありました。

せっかくなのでラーメン以外の料理も頼んでみることに。

まず最初に出て来たのが、唐揚げ。ユニークだったのが、柚子胡椒味のタルタルソースが一緒に出て来たので、少し鳥南蛮を思い出しました。

唐揚げはとてもジューシーで美味しかったです。

次に、自家製すくい豆腐。こちらも日本にいるのかと錯覚するくらい、繊細な和のお味でした。

海外で和食といえばお寿司ですね。とても豪華な巻き寿司もオーダー。

せっかくなので、シェフ特製の「スプーン」という品も頼んでみる事にしました。

まさに、スプーン一個に旨味が凝縮された、とてもおしゃれで濃厚な一品でした。

そしていよいよ、ラーメン!

日本のラーメンと比較する為に定番のゆず塩ラーメンをチョイス。

地元の食材を生かす為、水菜の代わりに食感が似ているエンダイブを使用しているのだとか。また、メンマは海外の人にあまり馴染みがないだろうと、私が訪れた時はシメジを使用していましたが、現在では季節ごとに少し食材が変わるそうです。

スープは日本の店舗のラーメンとほどんど変わらず、柚子の味が口に広がり、さっぱりしていてとても食べやすかったです。麺はヴィーガン用に卵を使っていないとのこと。そのためか日本の麺と比べ少し柔らかめでしたが、美味しくいただきました。

ヴィーガンの方用に、トリュフ・みそラーメンというメニューも用意されていたので、次行く機会があったら今度はこちらも食べてみたいですね。

そして、お食事の後は、デザートもオーダー可能!私はチーズケーキを選択。とても濃厚で美味しいケーキでした。

ポートランドに訪れた際は、日本では食べられない、海外オンリーの阿夫利メニューをご堪能してみてはいかがでしょうか?

 

【お店情報】

AFURI Portland

http://afuri.us

営業時間:
ランチ
月〜金 11:30am-14:30pm、 土日 11:30am-16:00pm
ディナー
月〜金 17:00-22:00pm、土 16:00-23:00pm、日 16:00-21:00pm
予約不可

電話: +1(503) 468-5001

所在地:
923 SE 7th Ave.
Portland OR 97214

Pocket
LINEで送る