Pocket
LINEで送る

ポルトガル料理と聞いて何をイメージしますか? ドイツはソーセージ、スペインはパエリヤ、イギリスはフィッシュ&チップス、イタリアはパスタやピザ、ベルギーはワッフルやチョコなど。

欧州各国の印象的な料理はイメージしやすいものが多い中、ポルトガル料理のイメージはしにくいはず。今回は、松濤にあるポルトガル料理店「Manuel」(マヌエル)にお邪魔しました。まずは前菜の盛り合わせ。

ポルトガルの家庭料理の店ということもあって、穏やかな料理が並びます。サラミのようなソーセージ、タコのサラダ、バカリャウのコロッケなど。

バカリャウはポルトガルを代表する塩漬けの鱈の干物です。スペイン語ではバカラオという名で市場などに並んでいます。欧州の魚食圏では定番と言えるでしょう。

バカリャウ

続いて、バカリャウ・ア・ブラス。前述のバカリャウとポテトの玉子料理です。一応これはフリットに分類されるようで、日本のかき揚げ天ぷらのベースになったという話もあるようです。

それにしても、玉子料理がコースに並ぶと家庭的な印象が強まりますね店内の雰囲気も小屋のようで、家庭的な雰囲気の中ポルトガルワインがはかどります。

ポルトガルといえば、バカリャウとカタプラーナです。魚は庶民の食べ物、肉は上流階級の食べ物といったように、ポルトガルでは生活レベルに応じて食べるものが変わります。魚介のカタプラーナは庶民の定番だとか。

魚介のカタプラーナのレシピ

カタプラーナとは、中華鍋を二つ合わせたような鍋のこと。魚介のほか肉などもこの鍋で煮るとカタプラーナとなります。材料のバリエーションはありますが、写真でもわかる通り基本的にトマトと一緒に煮るようです。

カタプラーナはとくにポルトガル最南端のアルガルヴェ地方が有名です。アルガルヴェはプライア・ダ・マリーニャという手つかずの自然が作り出した奇跡のビーチがあるところ。画像検索するだけでポルトガルワインがはかどるのです。

そしてメインは珍しい料理、豚とアサリを使った煮込み、アレンテージョ風です。

アレンテージョとは、最南端アルガルヴェ地方のすぐ上にある南部、アレンテージョ地方のことです。豚とアサリを煮るのがアレンテージョ風なのか、それとも味付けなのかは不明ですが、どうしてか日本語のレシピがやたら見つかりますねw

豚とアサリのアレンテージョ風

というわけで、ポルトガル気分を全力で味わえたマヌエルでした。四ッ谷にファドが聴けるお店もあるので、接待には四ッ谷、デートや仲間との利用は松濤の方がいいかもしれません。

Manuel マヌエル

Pocket
LINEで送る