Pocket
LINEで送る

食べるならコレ! 略して食べコレ! 浅草を代表する老舗そば屋「翁そば」では、カレー南蛮が非常によく売れます。この店、全てのメニューが良心的な価格で、たとえばカレー南蛮そばは650円。追加をしてもせいぜい800円ぐらいで味わえるんだから、たまりません。

太めのコシがの強い大衆そばは、細くきりっとした更科そばとは対照的で好みが分かれるところかもしれません。ただ、しっかり味のするそばなんです。

で、まぁそんな老舗ですから、通な頼み方ってのもあります。

例えばカレー南蛮だと「別盛り、アツ、玉(玉)落としで」「別盛り、モチ入り」なんて声がよく聞こえてきます。

カレー南蛮はかけ蕎麦の上にカレー、ないしダシ香るゆるめのカレーを蕎麦にかけたものです。翁そばで「別盛り」と頼んだ場合、つけ汁タイプのカレー南蛮になります。玉は玉子、モチ入りは文字通りのモチ入りの追加オプション。

と、そんな通な食べ方が存在する一方で、この店の本当においしいメニューは実はカレー南蛮じゃありません。

浅草は言わずと知れた観光地です。そんな観光地のせいか、そこには外の顔と中の顔がしっかりあったりします。観光客は行くけど、地元の人は行かない。観光客は頼むけど、地元の人は実は頼まない。そんな話です。

先日、浅草の飲み屋で無駄話に花を咲かせていたところ、翁そばの真の名物問題が浮上しました。数人の意見を総合すれば、アノ店で食べるべきメニューは「冷やしたぬき」もしくは「ムジナそば」の別盛ではないか、と。

誤解なきよう前置きしておくと、カレー南蛮がおいしくないわけじゃありません。いわゆる「そば屋のカレー」の元祖、みたいなお店ですからしっかりそういう味をしています。ただカレーとしてはそば屋の域を出ない、というのが正直なところ。

翁そばのそばは太く強いコシがあり、しっかり味がします。そこにカレーを投入してしまうと、太さとコシは残るものの、味や香りはカレーに飲み込まれてしまいます。

是非、冷やしたぬきのさっぱり感と揚げ玉のクリスピー感を!  是非、ムジナそば(揚げ玉&キツネ)の骨太感を! カレー南蛮を食べたことがある人ほど、たぬきとムジナに入れあげること請け合いです。いや、実際これこそ名物だから!(異論は認める)。

 

Pocket
LINEで送る