Pocket
LINEで送る

ビールのはかどる夏、いかがお過ごしでしょうか。さて、皆さんがよく吞むビールのこと、どれほど知っていますか?

beer3_kayom

大手中小いろいろなビールメーカーがさまざまな麦のアイツを投入していますが、今回はビール選びに役立つちょっとした知識をまとめました。細かいことは抜きにして、なるべくわかりやすくいきます。

ラガー

まず最初に覚えておきたいのは、僕らが普段飲んでいるフツーのビールは「ラガー」です。そのまま商品名にしているところもありますね。

その特徴は、さっぱりすっきりキレがある点。飽きの来ない味わいで、のどごしで飲むビールです。このラガーはキンキンに冷やして、贅沢言えばグラスもしっかり冷やした方がうまいです。

エール

続いて、覚えておくべきなのが「エール」です。最近は日本の大手ビールメーカーでも贅沢なビールとしてエールビールを売っています。クラフトビールと言う場合、日本の多くはエールビールのようです。

その特徴は、香り高くコクがある点。特徴を出しやすいビールとも言えるので、うはぁオレンジの香り♪ って感じのものから、むぐぐ苦い苦いだがこの後味くせになる! みたいなものまで様々。

薫製ビール

ラガーとエール

以下はオマケ。もっと詳しくビール通になりたい方はビールマニアの方々のブログなど参考にした方がいいかと。

2つに大別したラガーとエール。上の説明だと「なんだエールの方がうまいんだ」と思う方がいるかもしれませんが、そういうものではありません。

というのも、世界中でビールといえばラガーだからです。アサヒサントリーサッポロキリンの国内4大メーカーだけでなく、ハイネケンカールスバーグバドワイザーだってみんなラガーです。もちろん青島ビールもw

ピルスナー

なお、海外ではラガービールをピルスナーなんて書いてあることもあります。言い方を変えると、世界中でビールといえばピルスナーだったりします。

エールとラガーはビールの発酵方法による分類。ピルスナーはラガーの製法で作る淡い色合いで苦みが特徴のビールのことです。冷やして美味しく、どこでも同じ味が楽しめます。

ラガーは発酵温度が低く、冷蔵技術が発達して以降に広がった製法です。これに対しエールは、それよりも古くからある製法のビールです。温度管理をしっかりしなければ味が変わってしまう、なんてことも。

なお、ビールの分類はもっと細かくあります。温度との関係が深いので、冷蔵技術の乏しかった時代を引きずって、季節を楽しむような風物詩的なビールもあったりします。ボジョレーヌーボーに近い感じがしますね。

beer2_kayom

ラガーとエールを分類してみた

最後におまけのおまけ。簡単に分類をまとめておきます。

【ラガーの仲間】
ピルスナー:現在流通している多くのビールがこれ
ヘレス:レーヴェンブロイなど
メルツェン:ミュンヘンのオクトーバーフェストでお馴染み、季節を味わう琥珀色のビール。
デュンケル:濃くて香ばしい焦げ茶色のビール。さらに黒いものはシュバルツと呼ばれる
ボック:黒くて濃いアルコール度数の高い黒ビール

【エールの仲間】
ペールエール:エールビールの代表格。バスペールエールよなよなエールなど
ヴァイツェン:ヴァイスビア。フルーティな香りの白ビール。小麦ビール。
IPA:苦みが特徴でややアルコール度数高めのエール。インディア・ペール・エールの略
スタウト:ギネス
ベルジャンスタイルホワイト:ヒューガルデン・ホワイト
ポーター:英国パブでお馴染みの焦げ茶色のビール
バーレーワイン:アルコール度数の強いエール。呉ビール
アルトビア:デュッセルドルフ名物の琥珀色のエール。
ケルシュ:ケルンの地ビール。吞みやすい

 

Pocket
LINEで送る