Pocket
LINEで送る

先日、道玄坂のけしからん店代表「きになるき」にお邪魔しました。店主の正田さんがふるまう料理の数々は、アルコールラバーをうならせるものばかり。西野カナでなくてもきっと、おいしくてふるえる、そんな逸品の数々が楽しめます。ご紹介します。

※実は後半の記憶があいまいでありましてw 一部正確じゃない情報がまぎれているかもです。ごめんなさい!

AOL炊飯部さん(@gohanaol)が投稿した写真

最初は枝豆、秋田の湯あがり娘。茶豆のような香りと甘みが共存した枝豆界のプリンセスです。夏を食べてる! そんな気分になりますね。

続いて登場したのは水茄子。極々浅漬けにしており、最初はそのまま。次に和辛子をつけていただきました。ジュワーッとしみでる素材の味と香りにやられます。

シラスと食用菊のサラダもとてもおいしかったです。目が喜ぶ黄色とシラスの塩気が絶妙。これに大分のフンドーキン醤油のポン酢醤油をかけてさっぱりいただきます。

と、ここまでは、それほどけしからんことのない、むしろヘルシーな品々。ここからズドンとメーター振り切った音速の向こう側。

出ました、けしからんヤツ。ねっとりと三重の生シラス、粒の立った浜名湖の桜えび、そして磯がつまったアオサ。これはもう説明不要、とにかくやたらと酒がはかどるヤツなんです。

ちなみにこの「きになるき」は、大将の正田さんがお1人で切り盛りされています。各料理を正田さんが丁寧に説明し、それを皆でつつき合うスタイル。小さなお店はいつのまにか、食のライブハウスのような不思議な空間になるんです。

そして登場、マグロ! ずどんと響くカマトロの登場です。

キレイに筋を落としたマグロ。むしゃぶりつきたくなりましたが、そんなことすれば袋だたきになっちゃいそうなので、奥歯を噛みながら生唾のみこんで耐えました。

もちろん筋だって無駄にしませんよ。写真はカマトロの筋に火を通したもの。なんだかもうホロホロでトロトロで、もうヤバい。

出し惜しみせずいきますよ。こんなマグロを塩で醤油でいただけます。

脂の旨味に甘めの醤油を合わせると、気づけばほっぺが落ちてました。こんないかがわしいマグロは、風営法で取り締まるべきです!

「きになるき」の非常に由々しく、そしてケシカランのはですね、ここで終わりじゃないんです。はい、ソテーきた!

はい、和牛にウニのってきた!

「きになるき」は、とにかくシメの混ぜそばまで、ジェットコースター的にこれでもか!これでもか!とケシカランのです。

で、この内容で2時間飲み放題で5400円(一部)。どう考えてもお値打ち。そりゃ、予約もとりにくくなるはずです。

酒好きをつれて通いたくなるそんなお店です。書いてるそばからまた行きたくなってしまってますよww

関連ランキング:割烹・小料理 | 神泉駅渋谷駅

Pocket
LINEで送る