Pocket
LINEで送る

みなさまこんにちは。今日からAOL炊飯部にデビューしたユウヘイです。普段はIT関連の記事を書いたり編集したりしてまして、なんとか美味しいモノを食べるために頑張っている毎日です。

さて今回僕がお邪魔したのは神田駅徒歩0分、4月15日にオープンしたばかりのお店「神田の肉バル RUMP CAP(ランプキャップ)」。飲食店向け予約管理サービス「トレタ」を手がけるトレタさんが主催するイベント「トレタグルメ倶楽部」にご招待頂いて、関係者向けの試食会に行ってきたのです。

このRUMP CAMP、居酒屋の「庄や」「やるき茶屋」などを手がける大庄による新店舗。店名にもなっている「ランプキャップ」は、牛一頭からたった4kgしか取れない超希少部位なんだそうです。そんなランプキャップをはじめとしたガッツリな炭火焼きのお肉と、ワインやハイボールと一緒にお手頃価格で頂けるお店です。

まずはお酒から。キンキンに冷えたFREEZINGハイボール(600円)でカンパイです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初にいただいたのは香草サラダ(800円)。山盛りのパクチーにレタス、牛肉が入っってます。酸味の利いたドレッシングも美味しい。僕、パクチー大好きなんですよね。

僕がお店に訪れた頃にはすでに他の皆さんがいろいろと注文していたので、テーブルには次々とお肉が並んでいきます。いきなりやってきたのがビーフランプキャップ180g(1450円)。

お店にはオニオンソース、マスタード、塩コショウなどが用意されていますが、まずはオニオンソースで。とても柔らかい赤身のお肉です。

お次は肉肉しいグリルソーセージ(850円)。写真じゃわかりにくいかも知れませんが、結構な大きさ。20cmくらいあったかな。マスタードを付けていただきました。いかつい見た目ですが、味は意外とあっさりしてます。ずっとハイボールを飲んでいたんですけど、これはビールと合わせたかったなー。

こちらはハバネロバッファローチキンウイング(600円)。ハバネロの辛さがクセになります。ただ結構辛いのでお子様にはちょっときついかも。※レモンフレーバーもありました。

ブロガーのむねさださんの前に、なんかとんでもないサイズのランプキャップがやってきました。ステーキのメニューは180gからでしたが、こちらはなんと460gだそう。

後半になってやってきたのは牛すじ鉄板ガーリックライス(900円)。細かくした牛すじとガーリックのシンプルな一品です。ボリュームもなかなかなもの。サーブされる鉄板が本当にアツアツなので要注意。おかげで最後まで温かいままですけどね。ちなみに後ろの人はビットエーのゆうせいさんです。

最後のお肉はビーフサーロイン180g(1650円)。脂が乗っていて柔らかい…。ちょっとこってりしたお肉には、シンプルに塩コショウでいただきました。あっさりしたランプキャップもいいですが、僕はこっちのほうが好きだなあ。

最後はデザート。手前がアイスクリームホリック(580円)、中央左が大人のティラミス(480円)、中央右が自家製香ばしいクレームブリュレ450円)、奥が季節のシャーベット(380円)。甘すぎない味付けのクレームブリュレがお気に入りかなー。

そんなこんなでステキなお店でした。

神田近辺って東京ブッチャーズ(ステーキとかいろいろ)や六花界(焼き肉と日本酒)、ちょっと歩くけど勝漫やまいち(いずれもとんかつ)、さらに秋葉原まで行けば肉アバンギャルド(熟成肉)なんかもあるし、がっつりお肉を食べられるお店がちょくちょくあるんですよね。そこに選択肢が1つ増えて嬉しいですねー。

RUMP CAPは駅近だしカウンターもあるので、サクッと1人で食べに行ったり、2階のテーブル席(1階にもいくつか4人掛けの席アリ)でわいわいやるのがよさそう。ちなみにランチもやってるみたいです。

最後の写真は招待してくれたトレタ広報の田さん。ありがとうございましたー!

※そして写真整理してからお店の外観や内装の写真を忘れていることに気付きました。グルメブロガーへの道は遠い…

■神田の肉バル RUMP CAP

住所:東京都千代田区鍛冶町2-13-10 ※JR神田駅南口徒歩0分、高架下です

営業時間:11:30〜23:00

定休日:日曜日

Pocket
LINEで送る