Pocket
LINEで送る

oni2

いつもと少しだけ違うことをすると、なんだかちょっと気分が変わりますよね。浅草にある宿六は、東京で一番古い老舗のオニギリ屋さん。「一番古いの?」って気軽に聞いたら、ちょっと照れくさそうに「たぶんね」だって。

関連ランキング:おにぎり | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

気分を変えたくなったら静かなカウンターでオニギリをほおばる。取り立てて特別なことはないのかもしれないけど、スイッチが入ったように、明日も頑張ろう! そんな風に思うかもしれません。

oni5

昭和29年創業の宿六は、お寿司屋さんのような静かで落ち着いた店構えで握りたてのオニギリが楽しめるお店です。カウンターと数席のテーブルがあるその店は、店構えはほぼお寿司屋さん。カウンターには寿司ネタではなく、オニギリネタが並びます。

壁に貼られた品書きから好きなものを注文。食べ終えた頃合いを見計らって次々にオニギリが出てきます。この日は、生姜の味噌漬けと塩辛、それとちょっと寒かったからナメコの味噌汁も。

oni3

カゴに沢庵と一緒に登場するオニギリ。いつもはコンビニのオニギリばかりだから、なんだか違う料理に見えます。

あたたかいお米をやさしく握り、それを風味豊かな海苔で包み込む。特別なことは何もないのかもしれません。ですが、食べている間の時間がとても特別な静寂なんだなぁ。

oni4

ずずーっと味噌汁すすってフィニッシュ。おいしいお茶(ホントに美味しいから!)に手を伸ばして少し世間話。もう少しで三社祭だね、担ぐの? もうそんなトシじゃないわよ、ウチはこの時期孫が来るからね、なんだかんだね、じゃあ楽しみだね、うるさいだけよ、そんな話。浅草は三社祭が始まればサンバカーニバルまでお祭り通しなんです。

夜2時までやっているから、浅草でお酒を召し上がったシメのメシにもオススメ。お茶漬けをいただいているご隠居の姿を見かけることも。1杯だけならお酒も飲めます。ま、浅草に来ることがあったら寄ってみてくださいな。

関連ランキング:おにぎり | 浅草駅(つくばEXP)浅草駅(東武・都営・メトロ)田原町駅

Pocket
LINEで送る