Pocket
LINEで送る

150618-IMG_0211-R

旨辛ビームがおクチの中を貫きます。

身体に染み渡るわー、と独りごちってしまいそうになるタッカンマリ。肉がホロホロとなるほど煮込んだ丸鶏&スープがデリシャスな鍋ですが、もと家はこの伝統あるメニューを進化させちゃいました。

スープを無くすという(ある意味無謀な)冒険を経て生まれたのが辛辛タッカンマリ岩手県産清流若鶏の上に千切りの白ネギと佐賀県産のうまかねぎを敷き詰め、ニラ、にんにく、青唐辛子をじっくり漬け込んだ自家製ピリ辛ソース&熱っついごま油をまわしかける一品です。

ざっとかき混ぜて、全部の食材をつまんでクチに入れると、熱い鶏肉&冷たい野菜&熱いソースの旨みが塊でやってくる。これはビールです。もしくは大ライス案件です。

150618-IMG_0213-R

いわば汁なし担々麺の雰囲気を持つ汁なしタッカンマリ。辛いのが好きな人にとっては旨味>辛味なバランスでして、コチュジャンの深い甘みも奥に控えています。シャリっとしたネギの奥にじんわりとした鶏肉がいて、フッと湧き出た汗も気持ちよく、「身体がキレイになる気がするー」な感情を呼び起こしますな!

ああ、これは夏のメインをはるのにふさわしい。

150618-IMG_0205-R

同店はもともとタッカンマリで一世風靡したお店ゆえ、王道一直線なタッカンマリも頼めますよ。ハーフ&ハーフもOKです。

150618-IMG_0220-R

辛辛タッカンマリのシメは冷麺推し。

150618-IMG_0218-R

タッカンマリのシメはカレーうどんがよろしいかと。雑炊もいいけどね!

丸鶏もと家 上野店

Pocket
LINEで送る